南シナ海

こんばんは ジャンバリです。

米国防総省は8日、中国の軍事・安全保障に関する年次報告書を公表し、
中国が南シナ海で進める岩礁の埋め立てに初めて触れ、
岩礁が「永続的な軍民の活動拠点」となると指摘した。

埋め立て面積は、東京ドーム約170個分の広さに相当する。
報告書では、中国がスプラトリー(南沙)諸島の「前哨地5か所」で埋め立てを進めていると説明

5か所のうち4か所が、昨年12月時点で「埋め立て作業からインフラ整備に移っている」とし、
複数の港湾や通信・偵察施設、後方支援施設、少なくとも1か所の飛行場を建設していると分析した。
中国は、ファイアリー・クロス礁で滑走路建設に着手し、ガベン礁でヘリポートを整備したとされる。


いよいよ 中国による南シナ海の実効支配が強化されてきましたね
南シナ海の実効支配が確立されたら、次はどうなるでしょう
簡単に想像できますね 当然 尖閣諸島をはじめとし沖縄にたいする
実効支配を進めて来ますね(お子ちゃまでも分かっちゃうね)

その場合、「対立するなら核ミサイルぶっ放すぞ!」 と脅されたら
日本はどうするのでしょうか??

尖閣・沖縄は領土もそこに住む人々も中国に差し上げます
とでも言うのでしょうか?

やはり いい加減平和ボケをやめる必要があるね

世界の常識は、自分の国は自分で守るが基本の
考えだからね

それは自分達で自分の国を守る意思の無い国は
この世界から無くなってもやむなし と言う事を
意味します。

アメリカが中国と核ミサイルの打ち合いを
してまで日本を守るとは思えないからね(^^)



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは
無理がとおれば道理が引っ込むといいますが
南シナ海の次は東シナ海なので周辺国と連帯が必要ですね。ただ、日本の外交能力は少々問題があるので心配です。

Re: No title

やじろべーさん
コメントありがとうございます。

そうですね
これからの時代
自国の防衛力強化と並行して
アジア諸国との連携が
アジアの平和安定には ますます必要
になってくるのでしょうね

日本がこの地域の平和安定に対して
責任ある行動をとると 明言できる日が
来るといいですね(^^)

プロフィール

ジャンバリ

Author:ジャンバリ
40代 男 独身
2015年 会社を早期退職し、現在無職。

このブログはリンクフリーです。

人気ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
免責事項
当ブログの記事は特定の銘柄の 売買等を薦めるものでは ございません。 あくまで個人的な見解を記載 しているだけです。 当ブログ情報の ご利用により 生じた損失につきましては 当方は一切その責を負いません。 投資は全て自己責任で行ってください。
最新コメント
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR