情報は素材

こんばんは ジャンバリです。


今は便利な世の中になった

ネットでググレば
色々な事が簡単に
調べられる


多くの情報を調べ
蓄積する事もできる


情報を分析し、自分で
使えるレベルになったもの、

仕事などで活用できる様に
なったものを「知識」と言うのだろう


「知識」は力であり
現代社会では 武器とも言える。



更に

「知識」は、各自の経験に裏打ちされ

人生観を高めるレベルにまでなった場合、

真の意味において
人生を向上させる水準にまで
達した場合


それは「智慧」と呼ばれるのだろう


僕も そんな智慧を持てたらいいな~
(^^)


カリアゲ君 ミサイル発射

こんばんは ジャンバリです。


北のカリアゲ君 ミサイル4発を発射、
3発は日本のEEZに落下

今回も日本政府は 文句言うだけで、
それ以外は 何もしません

当然、ミサイル迎撃もしません


日本政府は、今までと同様で
一般国民の生命・身体・財産を
守る気がありませんねw



EEZに着弾するミサイルは
迎撃できないけど、

陸地に着弾する場合は
迎撃できると言うつもりなのでしょうか?



悲しいけど


日本は、
多くの死人が出る様になるまで
迎撃もせず 待つしかないのかな
(^^)


チャイナの外貨準備

こんばんは ジャンバリです。


チャイナの
1月末 外貨準備高が減少し
3兆ドルを割り込んでいる


景気減速に伴い
国外への資金流出が続き
人民元安の圧力が続く

人民元安を防ぐ為に
為替介入をしているので
外貨準備がどんどん減っている


景気が回復しなければ
人民元安の流れが続くので

やがて 外貨準備が不足し
人民元は暴落するだろう


昔の様に 人民元が
ローカル通貨のままで、

ガチガチの資本流出規制とかすれば
まだ防げたかもしれないが


国際通貨になりたくて
SDR通貨バスケットに入ったので

今となっては それも困難だろう。



今の状況が続くと、
人民元がSDR通貨バスケットに
入ったことが 皮肉にも

人民元安を止められない
原因になるね
(^^)


「国の借金」 報道のウソ

こんばんは ジャンバリです。


国の借金の報道をする時
地上波のテレビ や 大手新聞では

ほとんどの場合
国の借金総額が1066兆円、
国民一人当たり 841万円 みたいな
表現がされます


国民のみなさん、
みなさん 一人当たり
841万円も借金が有りまっせ~

と思い込ませる様に・・・


国の借金とは 正確に言うと
日本政府の借金の事で
ほとんどが日本国債です


日本政府が借金するのですから
誰かが お金を貸してる訳です

お金を貸してるのは、
日本の法人や個人です
(最近は日銀が 国債をたくさん買って
 政府に貸してる)


なので
日本政府から見れば「借金」でも

日本国民の側から見れば
「借金」 ではなく 「資産」 なのです

なにせ国民は お金を貸してる側ですからw



ウソ報道 や 偏向報道するマスコミは
ゴミ箱に捨ててやる
(^^)


外国人労働者の増加

こんばんは ジャンバリです。


厚生労働省が27日発表した
2016年10月末の外国人雇用状況によると、

国内の外国人労働者数は
前年同月末比19.4%増の108万3769人で
初めて100万人を突破した。

4年連続で過去最高を更新。



日本政府は外国人労働者を
安易に増やそうとしているが

労働力の不足を 設備投資による
生産性の向上では無く

安易に外国人労働者を増やして
補おうとした場合、中長期的にみると
問題が起こる



景気の良い時は まだ良いが、
必ず景気の悪い時期もやって来る

その時、日本の一般国民と
職を奪い合う事になる



賃金低下や非正規社員の増加など
労働環境の質は低下し

生活保護者の増加、
治安の悪化などの社会不安も増える。



今までのEUや米国が どうなったかを
見れば だいたい予測ができる

中間層が没落し
生活の苦しい人が増える事になる。


だから今、その軌道修正として、
英国のEU離脱 や トランプ大統領の
誕生となったのだと思う。


日本は今、
EUや米国が間違った道へ
周回遅れで入ろうとしている


先の見えない人が
国の舵取りをすると
多くの国民を不幸にする


日本が そうでない事を
願いたい
(^^)


プロフィール

ジャンバリ

Author:ジャンバリ
40代 男 独身
2015年 会社を早期退職し、現在無職。

このブログはリンクフリーです。

人気ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
免責事項
当ブログの記事は特定の銘柄の 売買等を薦めるものでは ございません。 あくまで個人的な見解を記載 しているだけです。 当ブログ情報の ご利用により 生じた損失につきましては 当方は一切その責を負いません。 投資は全て自己責任で行ってください。
最新コメント
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR